暗号通貨・仮想通貨の税金(リアルタイム管理)

大阪市 北区 小谷羊太税理士事務所

HOME 貸し教室 管轄一覧 法人税 取り組み 会社設立
仮想通貨          

仮想通貨の投資原価、損益計算

  弊所で申告をされる方へ

 平成29年分の確定申告(平成30年3月申告)の所得税計算では、仮想通貨による売却益がある場合には、その所得計算は雑所得として申告計算する必要があります。

 仮想通貨での損益計算は各通貨ごとに行う必要があり、取引所単位での集計結果の合算では売却損益が正しく計算されませんのでご注意ください。また、海外取引所を利用して、購入や売却をされる場合には、取引ごとに円換算による計算が必要となりますのでご注意ください。

 面倒な集計作業、損益計算は弊所でしていますので、必ず事前にご相談していただきますようにお願いします。

 なお、リアルタイム集計のサービスをご利用になっているお客様は、弊所とのやりとり、PDFの見方など、下記をご参考ください。
 ご質問、お気づきのことなどがございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 よろしくお願いします。



●お客様にしていただくこと
 →「スクリーンショットを送る」


 仮想通貨の取得をした都度、取引履歴などのスクリーンショットを弊所へメール又はライン等でお送りください。お客様にしていただくことは以上です。

 注意事項としては、
すべての取引についてお送りくださるようにお願いします。
 経費も集計していますので領収書やレシートなどがあればお送りください。


 なお、取引記録や領収書の保管は、すべての取引について、必ずしていただきますようにお願いします。保管方法など詳しくは弊所までお問い合わせください。



●コインチェック取引履歴サンプル

コインチェック取引履歴サンプル



コインチェック取引履歴サンプル


●ビットフライヤー取引履歴サンプル






●弊所ですること
 →「データの入力、集計等の作業」
 


 お客様から送付されたデータを確認次第、弊所の担当者が各コインの集計作業を行います。

 集計作業は、弊所の営業時間内(平日9:00〜17:00)に順次行います。なお、お送りいただいたデータ等に不明点などがある場合には、弊所よりお客様へ連絡させていただきます。



●計算結果のPDFをお客様へ送信します
 


 集計作業が完了したら、弊所よりお客様へ次のPDFファイルを送信します。

 お客様へお送りするPDFファイルは次の様式のものとなります。数値をご参考いただき、今後の投資活動の指標としてお役立てください。

 なお、入力した数値に関しての注意事項も記載していますので、あわせてご確認ください。


 年中を通してのお客様と弊所とのやりとりや流れは上記のようになります。


 なお、申告時期が近づきましたら、各取引所ごとの取引履歴若しくは集計表などを確認させていただきます。また申告に必要な資料(源泉徴収票や保険の控除証明書など)をお送りいただくための準備や説明をさせていただきます。そのときにお客様の申告が必要かどうかもあわせて検討させていただきます。よろしくお願いします。




●PDFの見方

1.数量

 各通貨等の現在保有枚数です。0以下の数値は各通貨を並べた際に確認がしやすいように、8桁で表示しています。
お客様が把握している実際の枚数と相違がないかを必ずご確認ください。



2.投資原価

 各通貨の現在投資原価の集計額です。移動平均法により、税務上の取得価額を計算しています。



3.単価(円)

 各通貨の現在投資原価(移動平均法による取得価額)から計算した、1枚あたりの投資単価となります。

※売却する際の指標
 表示されている投資単価の金額よりも高い単価(手数料差引後の単価)で売却をした場合には利益となり、低い単価で売却した場合には損失となります。
(売却時の単価は手数料差し引き後の単価で計算する必要があります。最終的な雑所得の計算では取引所や販売所の手数料だけでなく、共通経費等も考慮されますのでご注意ください。)

※購入する際の指標
 表示されている金額よりも高い単価(取得手数料をプラスした単価)で購入をする場合には今後の投資単価は高くなり、低い単価で購入する場合には今後の投資単価は低くなっていきます。投資単価は購入の都度、移動平均法により計算されます。



4.売却損益

 各通貨を売却した場合には、各通貨ごとの売却損益が表示されます。ここでの売却損益は1年間(各年1月1日〜12月31日まで)を通しての累計額で集計されます。各通貨の売却損益の合計は7の当期損益で集計されます。



5.名称

 現在日本で販売されている基本的な通貨等を表示しています。ここに無いトークンやオルトコインなどを取得したときには、お客様の所有されたものが順次ここへ追加されます。



6.円残高、投資計、合計額

 円残高:お客様が仮想通貨の取引所などに保有している「円JPY」の残高が表示されます。
お客様が把握している実際の金額と相違がないかを必ずご確認ください。

 投資計:お客様が保有している仮想通貨等の総計残高が表示されます。
お客様が把握している金額と相違がないかをご確認ください。

 合計額:円残高と投資計を合算した金額です。



7.当期損益、共通経費、雑所得計

 当期損益:4により各通貨等の損益計算をした集計額が表示されます。

 共通経費:取得経費以外の必要経費の集計額が表示されます。

 雑所得計:現在までのお客様の税務上の雑所得の金額となります。



8.昨年度課税所得等

 お客様の昨年度の所得等の数値を登録します、ここに登録した数値を基準にして、当年度のお客様の納税額を予想します。



9.損益合計

 総収入金額は、売却によって得た収入金額の総額(税務上の総収入金額)となります。この金額から売却原価や共通経費などを差し引いた金額が雑所得の金額となります。



10.税額計算

 当年度の損益状況とお客様の昨年度の課税所得などを勘案して、当年度の納税額をシミュレーションしています。こちらの金額は概算額となりますのでご注意ください。なお、ここに表示される税額が現在状況による翌年3月15日までに納める税金の予定額となります。お客様の納税資金の予定額を確保したうえで、投資をされることをおすすめします。



11.想定額

 今後、プラスの利益がでた場合には、お客様の納税額がどのように変化するのかをシミュレーションいたします。3パターンの金額設定ができますので、お好みでお気軽にお申し付けください。サンプルは、プラス400万円の場合、プラス1千万円の場合、プラス5千万円の場合となっています。


仮想通貨の損益試算表


 弊所のサービスをご活用いただいて、健全な投資活動をしていただければ幸いです。ご用命、ご質問は小谷会計事務所までご連絡ください。







仮想通貨で投資をされている投資家支援について
 ☆確定申告書の作成、申告等代行
 ☆リアルタイム管理
 ・仮想通貨の損益計算(コインごとの売却損益、現在単価、現在投資原価、円換算等)
 ・予想されるあなたの納付税額などを年間を通じてリアルタイムで管理します。
 ※詳しくは小谷会計事務所までお問い合わせください。


 [
小谷羊太税理士事務所]


※このサイトの情報はリンクフリーです。


Copyright(C) 小谷羊太税理士事務所